スポンサーサイト

Posted by nan on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜景

Posted by nan on   0 comments

2015.4.29 奥再度山ドライブウェイ(ビーナスブリッジ)

家族で夕涼み、ここはデートスポットですね(^^;)

2015年04月29日 20時20分00

スポンサーサイト

ドライビングシューズ

Posted by nan on   2 comments

運転を快適にするためのアイテムに靴がありますね。

その昔、レースではISO規格が必要なため、アシックスのレーシングシューズを使いました。
これがとてもアクセルワークしやすかったのを覚えています。

踵のところが柔らかいカーブでソールが包んでいます。
パーシャルスロットルを調整(維持)したい時に足の角度を安定的に保てるんですね。

カジュアルな靴でないかと探していました。
妻が履いていたクラークス、勧めもあってこれ
「Clarks NATALIE」
これってドライビングシューズでも有名なんですね。

Kg-m

Posted by nan on   2 comments   0 trackback

子供の頃、我が家の夕食後の会話といえば、車、原動機、ジェットエンジン、特殊工作機やモーターの話がおかずでした。

当時小学生にも満たない僕にはわからない事が殆ど、でも何故かその会話に加わりたく側にいた。
「電車をなめたらあかん、超低回転の電動機(モーター)のトルクはエンジンでは出せない、モーターのトルクは化け物や」
「ディーゼルは煙吐いてカラカラうるさいが、高圧縮故のトルクが生まれるんや」
「船舶のエンジンはトルクがあるからビルぐらいのスクリューを抵抗の大きい水の中で回すんやで」
「ベンツのディーゼルはサラダ油でも走るんや」

そんな会話を聞いていたら、いつの間にかトルクのあるエンジン=凄いエンジンなんだなって思ってました。
もう40年も前の話です。
↑間違ってたらごめんね~、家族内の話且つ子供のころの記憶なので。。。

友人のデリカのスターワゴンを運転させていただいたことがあり、
その時のディーゼルの印象は今でも忘れません、
低回転でグィっと加速して「これがトルクか」と。
またある時は1KZのプラドも運転させてもらって運転のしやすさに感動しました。
その後、ディーゼルはいすゞでしょ!と思い、ビッグホーンを購入しました、
しかし、これば僕の肌に合わなかったのか、すぐに手放しました(話せば長くなります、、、)

その後、ガス規制で僕の居住区はディーゼル車が乗れなくなって、
次第にディーゼルの興味が薄れて行きました。

過去買ったバイクは2スト、車も過給機付きのものが多かったです、トルク重視です。

僕はスペックを見るところでもう一つ、100km/hを何回転で走るのか?
基本100km/hは定速として長時間利用する速度域、
追い越しするためにメーカとしてある程度はトルクを配分しているはず・・・と僕の勝手な持論です。
また100km/hを低回転で走行できれば静かに走れる、というのも車選びのキーとしています。

タイヤサイズ(インチ・幅・扁平率)から外周を求め、後は変速比・ファイナルギア比と
回転数を掛ける/割るすると求められますね。

余談ですが、この100km/hを何回転で走るかを知ることにより、
速度メータと実速の差を知ることができます。
タコメータは正確(と信じます)、速度計は10%程度実際より速い速度表示する傾向にあるようです。
なので、机上計算上2,000rpmで100km/hの車の場合、実際は1950rpmで100km/hを表示しておれば、
もう少し余裕があるのだなって感じです。(タイヤの減り具合でもかわりますね)
計算しなくともスマホのGPSを利用した速度表示アプリもありますので、
比較してその差を知ることができますね、これも自分の車の個性を一つ知ることになり楽しいと思います。
僕は高速で100km/hを意識した走行をする場合はタコメータを注視します。

最近は環境対策した自家用ディーゼル車をたくさん見かけるようになりましたね。
パジェロ・エクストレイル・CX-5等と国産は三菱・日産・マツダと国産全メーカ出していませんね。(国内向けとして)
BOSCHのCMでやっていますね、ヨーロッパでは50%以上はディーゼル車が走っているって。
ハイブリッドもいいけどディーゼルにも力を入れてほしいと思っています。

国内で買えるディーゼル車

今日からエコカーです、久しぶりのディーゼル車です。(^^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。