2016.7.27 燕岳

Posted by nan on   4 comments

2016.7.28 燕岳


燕岳へ行ってきた。
 



201607281148-01205.jpg

平日にハイクができる貴重な日です。 
随分と前からどこへ行こうか?と考えていました。
涸沢?甲斐駒ケ岳?槍ヶ岳?燕岳?と候補を考えてワクワクしていました。
第一条件は天気!
でもターゲットの日の天候は思わしくない感じで毎日複数の天気予報サイトを確認していました。
結果燕岳が一番天候がよかったので決めた。・・・今更気付いたけど、どこもアルプスなのでそんなに差はないよね。


自宅を21時ごろ出発、駐車場には2時過ぎごろ到着、第一駐車場(無料駐車場としては登山口に一番近い)に駐車できました。(ぬかるみの箇所を除いて8割ぐらい埋まっていました。)
ハイシーズンの休日だったら駐車は困難なようですね。

登山開始まで車中で仮眠します。
ここで一つ失敗、寝冷え防止のためお腹の上には何か掛けておきたい、そのためシュラフを持っていっていました。そのシュラフの番手が0番・・・触れているだけで暑い、、、
外気温は高くも低くもない快適な温度でした。

一人のため、帰路の運転を考えると早くに下山したい。
なので明るくなったら登ろうと5時前に起きて出発です。
人気の山ですね、その時間でも結構な登山者の数でした。

標高差約1300m、水平移動約5kmと結構ガッツリな斜度と想像できます。
2016-07-27_20-22-19_165BE570-DD17-4188-8AAC-94918E2D97C900.jpg 2016-07-27_20-24-25_190F23DB-8C60-47AB-83C9-061446D1D7C901.jpg

登山道は第一ベンチ・第二ベンチ・第三ベンチ・合戦小屋とマイルストーンがあります。
第一ベンチを除いて休憩しながら登りました。

間割愛してここは合戦小屋です。ここまでも辛かったけどここから燕山荘までも長い。
2016-07-27_22-57-52_D06D7910-4981-4C58-B901-1605EBAF4A1A02.jpg 

その昔悪い鬼が居たようで。
2016-07-27_23-01-21_85DDA0FE-D6C6-4D15-8C6F-9E8C80598DB403.jpg 


登り始めから合戦小屋までず~~~っとヘリコプターの音が聞こえて何かあったの?と思っていました。荷揚げだったのですね。
2016-07-29_12-46-56_9D122117-3383-446B-BC90-4B5C62EDF63A04.jpg 

合戦小屋を過ぎると樹林帯を抜け眺望が開けてきました、下山される方とすれ違いで「昨日は天気が悪く今から天気回復しそうですね、いい日に登られましたね、槍ヶ岳が見えますよ」と声を掛けてくださり、元気をいただいて頑張って登りました。

4時間かけて燕山荘前に到着、青空になりそうな感じです、、この時点では。
201607282217-00007.jpg 

燕山荘に入って昼食時間を確認すると11:00からとのこと、15分程度休憩して燕岳に行って来ました。なんかガスが増えてきたなー。
201607281141-01104.jpg 

あっという間に山頂、山頂は広くないので順番待ちが発生していました。
少し遠くには団体様がこちらに向かってくるのが見えていたのもあり、写真を3枚とって降りました、この間1分もなかったと思います。
201607282218-00209.jpg

燕岳山ー燕山荘の途中に有名な岩がありますね、めがね岩とイルカ岩。
正直めがね岩はめがねではなく、漫画の魔法使いのように見えますが僕だけ?
イルカ岩はどうみてもイルカですね。

201607280955-00701.jpg

山の上は20度ぐらいで快適でした。

201607282217-00108.jpg

まだお昼まで時間があったので、高山植物の女王「コマクサ」が見ごろだそうです、きれいに咲いていました。

201607281051-00903.jpg 

お昼は山菜うどんをいただきました。
本当はねイチゴミルクとケーキを注文予定でしたが、休憩中に体が冷えてきたので遠慮しました。

食後も晴れないかな~~~と待っていました。
槍ヶ岳は一度も見れなく晴れないし、山男さんに「また来るで」と約束して下山しました。
201607282219-00310.jpg 

そうそう、子供へのお土産でポ○モ○G○をして帰りました。
201607282219-00411.jpg 
 
【所感】
人気の山、人気の山小屋(山の上のホテル)で人気の理由がわかりました。
山:形・色の山容がきれい。
山小屋:とてもきれいで清潔、またスタッフの方も気さくで色々な会話ができました。
登山道:急登ですがとても登りやすい。


【参考】 
 
 出発時刻/高度: 05:23 / 1450m 
 到着時刻/高度: 14:30 / 1457m 
 合計時間: 9時間7分 
 合計距離: 9.87km 
 最高点の標高: 2720m 
 最低点の標高: 1450m 
 累積標高(上り): 1386m 
 累積標高(下り): 1327m


Comment

tama. says... ""
おつかれさまでした〜(*^^*)
標高差1270mだったんですね。
帰りの下で登山口まだなん?まだなん?
って嫌気がさしたのを思い出します(^_^;)
槍ヶ岳や劔が見えなかったのは
ちょっと残念そうですが、次回は大天井まで
歩いてもっと近い槍ヶ岳を一緒にみましょう!
2016.07.30 05:49 | URL | #- [edit]
nan says... "Re: タイトルなし"
tama.さん
燕岳はtama.さんのブログで脳裏に焼き付けていましたよ。
スカッと晴れたイメージしかありません。(^^)

それにしても登り3時間下り2時間とは早すぎです、
僕は上り下りともCT通りですよ。(どちらも+1時間)
しかも荷物はデジイチもなく軽量、自重は増量(ホント)この差か(笑)

絶対にリベンジ確定&縦走します!CT通りにしか歩けないので、
大天井へ先に行ってチェックインしててくださいね。(^^)/
2016.07.30 05:59 | URL | #- [edit]
よしにい says... ""
このお山絶対に登ります。
決して女性が多いからではありませんよ!
2016.07.30 06:07 | URL | #- [edit]
nan says... "Re: タイトルなし"
よしにいさん
もうアスリート化したよしにいさんですので、
ここから槍ヶ岳まで余裕で縦走できます。
フルマラソンや金剛山修行は驚きです。
車の運転含め長距離ランナーですね。

燕岳はお勧めしますよ、もう一度行きたいです、
僕はまだ心のシャッターを押せていませんのでね(^^)/
2016.07.30 06:21 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する